Back to Blog

エルメスがライバル視するのは日本のあの企業

ブランディング Dec 01, 2023

Miss.ブランディング

あおいです、

 

ーロッパで発祥し、

世界中の人を魅了し続けているブランドの1つに

 

『エルメス』

 

があります。

エルメスはお好きですか?

あの気品はエルメス独自のものですよね。

 

 

そんな王者的な存在のエルメスがライバルと思っているのは、

意外にも意外、日本企業なんです。

 

なんとなく、エルメスのライバルって、

シャネルとかヴィトンとか、

ハイブランドなんじゃないかと思われがちですが、

 

シェネルは、そこではない

と言っています。。

 

じゃ、どこなの?

というと、、、

 

日本で誰もが知るあの老舗企業

『とらや』

です..

 

 

とらやって知ってますよね?

いもようかんで超有名の、あの”とらや”さん。

 

エルメスのフランス本社副社長は、

ライベルをとらやとし、”とらやを目指したい”と、

ある意味、敬意が含まれているような言葉で、

ある雑誌インタビューでおっしゃっていたそうです。

 

 

とらやと言えば、

500年続いた老舗です。

その”姿勢”こそ、目指したい

という意味のようです。

 

私も、コンサルティングを通して知り合う社長さんと、

人によっては、将来、協業をしていきたい。

そんな人に巡り会いたい。と思うことがあります。

 

でも、やっぱり、その人の、

経営者としての『姿勢』が、素敵な人と、

協業やパートナーになっていきたいと思いますし、

そこに人の本質が現れると思っています。

 

 

そして、自分が会社の代表になったからには、

”全ては自己責任です。”

そこで、他責にして逃げているようなら、

結局は、”そこまでの器”と見られてしまいます。

 

そして怖いのは、

それを口では誰も言ってくれない事がほとんど。

内心で思われてしまうので、本人は気づけません。

 

 

逆に、今どんなに苦しい状況が続いているとしても、

”姿勢”が素晴らしい人は、

その後、必ず逆転現象を引き起こし、

どんどん伸びていきます。

 

それぐらい、数字ではない、

経営者としての姿勢って大事です。

 

その姿勢がやがて長い長い歴史を作り、

その姿勢が人を魅了していくのでしょう。

 

 

 

エルメスと老舗とらやの関係、

なんだか素敵ですよね。

 

エルメス社から

「ライバルは、日本のとらや」

と言われた、とらやの社長は、

きっと光栄だったにちがいありません。

 

 

そして、2社の共通点は、

独自の世界観を持っているという事。

ここは誰も真似できない分野です。 

 

 

私たちのビジネスは、歴史を刻むまでの時間が無いので、

ブランディングを通して、早めの、

独自の世界観づくりをしていきましょう☆

 

 

 

 

葵 紀子

 

Don't miss a beat!

New moves, motivation, and classes delivered to your inbox. 

We hate SPAM. We will never sell your information, for any reason.