Back to Blog

夢レベルのゴールを設計する

ゴール設計 ブランディング 女性起業家 Dec 10, 2023

 

Miss.ブランディング

あおいです、

 

 ふわっとしている社長が

いるんですね。

 

何がふわっとしているのかというと、

ビジネスがふわっとしているんです..

 

で、全体的に

フワフワした感じの

ビジネスを行っていくと

どうなるかというと、

 

恐らく、高い確率で、

次のビジネスステージに上がれない

 

そんな状態が

何年も続いていくと

思います..

 

なぜなら、そもそも

ふわっとしていると、

今のステージが定まらないんです。 

 

ステージが定まらないと、

次のステージにいくための

・分析

・計画

・準備

が全くできないからです。

 

やりようがないんですね。

だから上がれない。

 

 

そこで..

 

ビジネスをフワフワ

曖昧な感じにさせない為に、

どうすればいいのかというと、

 

一番簡単なのは、

ゴールを持つ事です!

 

 

ゴールって持ってますか?

考えてますか?

 

意外と、ゴールって

どこを目指していいのか

分からなくないですか?

 

結構、そんな社長が

多いです。

 

そして、

ゴールと売上は違います。

年商とか、年収とか、

 

そういった数値的な

ことを言う社長もいるのですが、

そうではなく、、、

 

数値の先にある未来ゴールです。

 

「数値」と言うより、

「場所」や「ステージ」

といった方が分かりやすいでしょうか。

 

年収とか、年商とか掲げても、

それは何のため?にそこまで頑張るのか?

その先が大事なところです。

 

 

夢って持っていますか?

「夢」でいいです。

夢って結構、大きいと思うのですが、

そのレベルでゴール設定していきます。

 

そこに行くために

今がある感じで、

 

そこに行くために、

ビジネスを頑張る感じです。

 

なので、夢レベルのゴール設定がないと、

数字だけ掲げても、ふわっとして

曖昧な感じで終わっていきます。

 

イメージとしては、、、

 

数字に振り回されて、

全然、ゴールに近づいてない感じです。

 

 そして、夢レベルのゴールを

本気で実現させるためには、

「ゴール設計」

が必要になってきます。

 

ここが設計できると、

自動的に今のビジネスの、

コンセプトやら、

ブランディングやら、

 

その辺が決まってくるんです。

 

 

夢をゴールにして、

それをきちんと設計して

いきましょう!

 

 

数字は大事だけど、

それ”だけ”に振り回されないように..

 

 もし、「ゴールはどこですか?」

と、聞かれて、年商いくら、年収いくら、

と数値の回答をしているなら、

 

ビジネスがふわって

している可能性があります..

 

 

 

 

 

 

 葵 紀子

 

 

 

Don't miss a beat!

New moves, motivation, and classes delivered to your inbox. 

We hate SPAM. We will never sell your information, for any reason.